「森をめぐる経済のこれから」内山節・赤堀楠雄 ~森から人へ 人から森へ~
5bf4d62368702420e100012e 5bf4d62368702420e100012e 5bf4d62368702420e100012e 5bf4d62368702420e100012e

「森をめぐる経済のこれから」内山節・赤堀楠雄 ~森から人へ 人から森へ~

¥648 税込

送料についてはこちら

============================================ 本誌は、2015年より継続開催している 森林社会学研究会連続講座 「森から人へ 人から森へ」 特別回「森をめぐる経済のこれから」(2018年5月実施) 講演記録です。 ============================================ -----<構成>------------------------------------------------------ ○はじめに  ・・・・・・・・・・・・・・・・2P ○森をめぐる経済のこれから  ・・・・・・5~25P  ー 内山 節 (哲学者、森づくりフォーラム代表理事) ○「林業」とはどんな営みか  ~木の価値、山の価値を高める~ ・・・26~51P  ー 赤堀楠雄(林材ライター) ---------------------------------------------------------------------- 『森はひとつだけの考え方では  とらえきれない存在である。  所有者の森でありながら、  その森は多様な社会的役割を果たし、  しかも森はすべての人のものだという  一面ももっている。  そもそも自然の領分を人間が  分割所有しているのだから、  所有権だけでは割り切れない  課題が生じるのである。  そしてだからこそ多様な主体が  森と関わり、  多様な森の価値を高めながら  所有者たちをも支えていくことが  必要になる。  この展開の中に 「森づくりフォーラム」がある。』 内山 節