「森をめぐる活用のこれから」谷茂則・小森胤樹 ~森から人へ 人から森へ~
5cb3ee834da8526cc0297d32 5cb3ee834da8526cc0297d32 5cb3ee834da8526cc0297d32 5cb3ee834da8526cc0297d32

「森をめぐる活用のこれから」谷茂則・小森胤樹 ~森から人へ 人から森へ~

¥660 税込

送料についてはこちら

============================================ <森づくりフォーラム特集号 第2弾> 本誌は、2015年より継続開催している 森林社会学研究会連続講座 「森から人へ 人から森へ」 第11回「次世代林業家から見た森林」(2018年4月実施) 第12回「Iターン先駆者が考える地域経済のこれから」(2018年11月実施)の講演記録です。 ============================================ -----<構成>------------------------------------------------------- ○はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・2~3P  ~ライフヒストリーから見る森林と社会~  ー 相川 高信(林業政策アントレプレナー) ○次世代林業家から見た森林 ・・・・・・・・・4~27P  ー 谷 茂則 (谷林業株式会社 社長) ○Iターン先駆者が考える地域経済のこれから・・28~51P  ~岐阜・郡上での森林を活用した取り組みを中心に~  ー 小森 胤樹(郡上エネルギー株式会社 代表) ------------------------------------------------------------------------ 『森はひとつだけの考え方では  とらえきれない存在である。  所有者の森でありながら、  その森は多様な社会的役割を果たし、  しかも森はすべての人のものだという  一面ももっている。  そもそも自然の領分を人間が  分割所有しているのだから、  所有権だけでは割り切れない  課題が生じるのである。  そしてだからこそ多様な主体が  森と関わり、  多様な森の価値を高めながら  所有者たちをも支えていくことが  必要になる。  この展開の中に 「森づくりフォーラム」がある。』 内山 節